静岡県東部の外壁塗装専門店「塗替え職人」

雨漏りには防水工事。工法の種類を解説

静岡県東部(三島市、沼津市、熱海市、御殿場市、富士市,等)の外壁塗装専門店、塗替え職人の山下です。

陸屋根や屋上・バルコニー・ベランダなど、平らで水がたまりやすい場所には防水工事が施工されています。建物を漏水から守るために、雨水を防ぐ層である防水層を作って、雨水から大切なお家を守っております。

この防水層を設ける工事を防水工事といいます。

防水工事には様々な工法がある!?

一般的な防水工事の種類はこちらです

 

基本的に、戸建やアパート・マンションなどで多く施工されるのは

・ウレタン防水

・塩ビシート防水

・FRP防水

です。

特に屋上やベランダなど、室外機や、洗濯物干しなどが置いてある場所はウレタン防水がコスト的にもおすすめです。

 

防水工事の詳しい種類の解説に入る前に、大前提として注意しておいていただきたいのが

防水工事は防水専門業者による施工以外にも、塗装業者や防水工事になれていない業者など、専門ではない業者による施工が行われることも多々あるのが現状です。

専門的な知識がない業者が防水工事を行うと、防水層の塗膜が規定の厚みでなく、早期剥離や本来の耐久性を発揮できなかったりします。

しっかりとした知識と施工力を持った業者を選び、適切な施工をすることが一番大切です。また、防水工事は美観を保つことはもちろんなのですが、なによりも、「家を守る」という一番重要なことを忘れてはいけません。

もちろん塗替え職人では専属の防水専門職人がおり、施工経験も豊富です。

話が少しそれてしまいましたが、それほど、防水工事は大切となります。

 

それでは次回、それぞれの防水工事について細かく説明していきたいと思います。

点検・お見積り・相談無料

工事でご不安なこと・ご不明な点、屋根・外壁のことなら
お気軽にご相談ください!

Top
塗装工事7つの防衛集の資料請求
無料見積り
塗替え職人限定キャンペーン